どんな病気であっても、患わないのが一番良いでしょう。

特に虫歯や歯周病は、なる前に「予防」する事が最も大切です。予防の基本は、なんといってもセルフケア、日々の歯磨きでしょう。

毎日の歯磨きによって細菌の塊である歯垢を取り除く事が、虫歯や歯周病のを予防する為の第一歩です。

歯垢とは、一般に歯牙の表面に付着した黄白色を帯びた粘着性ものを指し、食物残渣をエサとして増殖する様々な細菌で構成されており、こうした細菌が増える事で虫歯や歯周病になります。

しかも細菌は増殖の過程でバイオフィルムと呼ばれる、薬剤に対し強い抵抗を示すコロニーへと変化していきます。

ですから毎日の歯磨きの目的は、こうした歯垢がバイオフィルムとなって、歯に固着する事を防ぐ事です。

しかし、口腔内から歯垢を完全になくす事は不可能です。食事をすれば、歯や歯の周りには必ず歯垢が付着してしまいます。

それでも、歯ブラシを正しく使って丁寧にブッシングする事で、歯の表面に付着した歯垢を落とし、口腔内から細菌を取り除く事で、虫歯や歯周病を予防をすることは可能です。

これを、プラークコントロールと言います。歯と歯の間など、歯ブラシの毛先が届きにくい所は歯間ブラシやデンタルフロスを使ったり、マウスウォッシュを使用して口腔内から全体の汚れを洗い流すのも良いでしょう。

地域の歯科を一括比較!【 宮城野編 】のトップへ戻る